• TOP
  • >
  • 仮想通貨
  • >
  • 株式会社きちり、デジタル通貨の決済分野でフィスコ、SJIと業務提携
2016-08-19 10:00

仮想通貨

株式会社きちり、デジタル通貨の決済分野でフィスコ、SJIと業務提携

きちり
飲食店舗の決済手段にビットコイン
株式会社きちりは2016年8月15日のニュースリリースで、株式会社フィスコ仮想通貨取引所及び株式会社SJIとデジタル通貨の決済分野で業務提携することを発表した。

日本全国に飲食店舗を展開するきちりは、ユーザの決済手段としてビットコインに代表するデジタル通貨を受け付けるための市場機能を提供、フィスコ仮想通貨取引所とSJIはそのデジタル通貨による決済手段システムを開発し導入する役割になっている。

ビットコインを使用できる店舗が増加すれば、日本のユーザだけではなく外国のユーザを呼び込む足がかりになり、利便性も向上し、飲食業とデジタル通貨の相乗効果で市場の拡大が期待できる。
外食産業と金融とITの融合
「外食産業の新たなスタンダードの創造」をビジョンとするきちりは、日本全国に飲食店舗と飲食企業向けのプラットフォーム事業を展開し、飲食店舗における決済周りの強化を検討してきており、急速に拡大しているプラットフォームシェアリング事業のさらなる強化に取り組んでいる。

そして、FinTech事業で実績があるフィスコが運営するフィスコ仮想通貨取引所と、システムの提供と保守を実施してるSJIが連携するワンストップサービスの提供で、ビットコインに代表するデジタル通貨の取引市場が急速に拡大すると予想されている。

今回の業務提携できちりは、ビットコインに代表するデジタル通貨による決済システムを導入することで、日増しに高まっているユーザニーズに応え、新規需要を掘り起こし、さらなるデジタル通貨の流通の拡大と提携各社の価値向上を目指していくとコメントしている。


外部リンク

ニュースリリース(PDFファイルが開きます)
http://www.kichiri.co.jp/ir/pdf/160815.pdf

株式会社きちり
http://www.kichiri.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook